iPad mini Retina(SIMフリー)に「dマーケット」が!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

iPad mini Retina(SIMフリー)にIIJmioのSIMを入れて使っています。

iOS8にアップデートして、キャリアアップデートをかけたら、「ドコモ17.0」になりました。

「ドコモ16.0」のとき(「ドコモ16.x」はがんばって毎回スキップ)同様にLTEも掴めるし、テザリングも使えたので満足しています。

しかし、Safariのブックマークをみて驚きました。いつの間にか「dマーケット」が!

なんだこれ。消せるからいいけど勝手に登録されるのは気持ちよくないですね。キノコの会社が悪いんだろうけど・・・。

201409212.png

iPhone6でSoftbank 4G(AXGP)を掴めたらしい

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

iPhone6でSoftbank 4G (AXGP / TD-LTE)の電波を掴むことができたようです。

iPhone6のフィールドテストモード(電話アプリで「*3001#12345#*」+通話ボタン)で確認できました。

201409210.png

Freq Band Indicatorが41と書いてあれば、AXGPだそうです。

20140921.png
通信速度は、次回に。

iPhone5のSIMフリー(iOS8)にIIJmioのSIM

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

iPhone5の香港SIMフリー版をiOS8にアップデートしたところIIJmioのSIMを差したらLTEの電波を掴めるようになりました。

今までは、SoftbankのSIMを差せばLTE(4G LTE)が使えましたが、IIJmioなどのドコモ系MVNOのSIMだと3G専用になっていました。

iOS8でiPad mini Retina (SIMフリー)をアップデート

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

本日(2014/9/18)配信されたiOS8で早速iPad mini with Retina Display (香港版SIMフリー)をアップデートしてみました。

iOS7系のときは、キャリアアップデート(ドコモ16.x系)を適用するとIIJMIOなどのMVNO SIMでテザリング(インターネット共有)ができなくなるという問題がありました。

しかし、今回は、キャリアアップデート(ドコモ17.0)を適用しても問題なくMVNOのSIMでテザリングを行うことができました。

iOS8の「設定→モバイルデータ通信→APN設定」で確認できます。特にテザリング用のAPNを設定する項目はありません。

ちなみに、テザリングの提供を受ける側がiPhone5sかつiOS8の場合(ほかの機種では検証していません)は、テザリング先のiPad mini with Retina Displayの通信状態(LTE or 3G)やバッテリーの状態がみられるようになりました。

脳波コントロールが身近に

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

brain.png米国ニューロスカイ社のヘッドセットを購入しました。

自分の脳波がわかる時代になったのです。

サンプルアプリがいくつかあって、瞑想と集中力、瞬きを認識してくれます。

そのかなのゲームでは、瞑想すると画面上のボールを浮かせることができたり、

集中すると樽が爆発するというものがあり、パーティではかなり盛り上がりました。

瞬きを認識するのはいいのですが、本人は目をつぶった瞬間のことはわかりにくいので

何人かいるときに試してみてください。

ちなみにヘリコプターも同梱されていましたが、こちらの操作はなかなか難しいです。

Raspberry pi Model B+が最強の件

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

学習用コンピュータ「Rasberry pi」に新しくModel B+がでました。

これまでは、Model Bを使っていたのですが、USBポートが2個しかなく、

キーボードとマウスをつなぐと強制リブートになったり、

USBポート不足で、Wi-Fiドングルがつなげられなかったりと困った存在でした。

キーボードだけで設定してあとは、有線LANからSSH接続で使っていたのですが、

いくつか不具合(Wi-Fiの停止、強制リブート)がありました。

しかし、Model B+ではUSBポートが4個に増え、電源周りも改良されているようです。

全く落ちなくなりました。ただ、電源アダプタを2Aタイプにしています。

iPad/iPhone5sの急速充電用として販売されているものです。

これで全く問題なく一般的なサーバーとして使えます。

また、OSは、Raspbianを使うことが多いかもしれませんが、

個人的にはPidoraの方が使いやすいです。単に慣れだと思いますが。

PidoraはFedora系ですので今までCentOSでなれてきた方は管理しやすいのではと思います。

ちなみにUSBのWi-Fiドングルは、下記のものが使えました。

  • WN-G300U
  • WN-G150U

いつの間にかViberが日本語環境のMacに対応

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

東日本大震災の際とても役に立ったので、いまでもiPhoneでViberをヘビー使っています。

昨年、PCやMacに対応したデスクトップ版のViberがリリースされたのですが、日本語環境のMacだと強制終了されてしまい、使うことができませんでした。いろいろなレビュー記事で紹介されていたのですが、おそらくMacでは実際には試さずに記事を書かれていることが多かったのかもしれません。

久しぶりにダウンロードしたところ、日本語環境のMac OS X 10.9.2でViberのデスクトップ版を利用することができました。

使うまでの手順は、以下の通りです。

1.ここからデスクトップ版をダウンロード

2.アプリケーションディレクトリにViberアプリをコピー

3.Viberアプリ起動

4.モバイル版を使っている人は、その電話番号を入力(例)+81-8012345678(080は80、090は90とするといいかもしれません)

5.モバイル版のViberに4桁のPinコードが届きます。

6.デスクトップ版にこの4桁のPinコードを入力します。

これでデスクトップ版とモバイル版のどちらでもメッセージを読み書きできます。更新日付を確認したところ2014年3月9日になっていましたので、そのときから使えたようです。

指輪型ウェアラブルデバイス"Ring"

  • 投稿日:
  • by

kickstarterで指輪型ウェアラブルデバイス"RING"をオーダーしています。

指輪型ウェアラブルデバイス「Ring」がKickstarterでキャンペーン開始、2014年7月出荷予定(http://jp.techcrunch.com)

きょう、またkickstarterからメールが。今回は、君の指輪のサイズを教えてくれってことのようです。

写真のようなA4版の紙にメジャーを印刷するようにPDFが添付されていました。

写真-5.PNG

この印刷した紙からメジャー部分を切り離して右手の親指に巻いて、指輪のサイズを決めました。そして、彼らにWebページからフィードバック。

確か出荷は7月頃。いまから楽しみです。ウェアラブルなジェスチャー認識ってどんな感じだろうと。

お天気カメラ、タッチAFとフリフリ更新に対応

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

iPhone向け「お天気カメラ」をv1.1.1に更新しました。

  • 日の出、日の入りの調整
  • プレビュー画面をタッチするとピントが合うタッチオートフォーカス機能
  • iPhoneを振ると現在地のお天気を最新情報に更新するフリフリ更新機能

を追加しました。

10297843_10203586300920749_2479236081800997677_n.jpg

よろしければお試しください。

Download_on_the_App_Store_Badge_JP_135x40_1004.png

openweathermapの盲点。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

iPhone向け「お天気カメラ」アプリでは、気象情報としてopenweathermap.orgを使わせていただいています。

世界中の天気を取得できるなんてかなり素敵です。 これをAPI経由でデータ取得しているのですが、ひとつ困ったことがあります。 それは日の出時刻(sunrise)と日の入り時刻(sunset)です。どちらもunixtimeで取得できるのですが、問題はその更新日時です。

例えば、日本時間の4/16 09:00にデータをもらうと4/15の日の出、日の入時刻だったりします。 どのタイミングで更新されるのかを見落としていたので、アプリ上はおかしな表示になっています。 現在の日時が日の出から日の入りまでの時間の範囲であれば[太陽]を表示し、それ以外であれば[月]にしていたので、ロジックの修正が必要だということがわかりました。暗黙の前提と言うか、勝手な思い込みは良くないですね。

そこで、簡易的な対応としては、 日の出時刻が現在の時刻よりも24時間以上前であれば、日の出時刻と日の入り時刻に24時間分の秒数を足して、条件判定することにしました。

翌日の日の出、日の入り時刻がわかればそれを使うのですが、今のところなさそうなので暫定対応です。1日違いであれば数分の違いだと思いますので、許容範囲かなと思います。

更新版は、Appleの審査待ちです。 iPhoneをシェイクすると位置情報とお天気が更新される機能、タッチした場所にピントが合うタッチフォーカスなども追加してあります。よりしければお使いください。

Download_on_the_App_Store_Badge_JP_135x40_1004.png